Non-Med

医師こそ知るべき|メンタルモデルと,その使い方

CATEGORY:presentation
↻ 2021.06.06/2021.06.19
こんな人におすすめ

最近よく聞くようになったメンタルモデルって,何?
なんとなく意味は知ってるけど,どう活用すれば良いの?
わかりやすい説明・文章を書けるようになりたい!

これを知れば説明が上手くなる

メンタルモデルはもともと認知心理学の用語です.

今では,ビジネスの場などでよく取り上げられています.

メンタルモデルを知ることで「わかりやすい説明とはなにか」が理解できます.

メンタル・モデルとは

メンタルモデルとは,個々人の経験にもとづく「イメージや理解」
メンタルモデル通りに展開すると,情報処理が早くなる

「ああなったら,こうなる」のイメージ

「個人が現実世界をどのように認識し解釈しているかの認知モデル」

要は,人が頭のなかに作る自分なりの理解,「ああなったら,こうなる」というイメージのこと.

「戦争は恐ろしいものだ」
「エスカレーターでは,左側に立つ」

これもメンタルモデルです.

 

メンタルモデルは,蓄積された経験をもとに作られるため,育った環境や習慣、文化などで変わります.

犬に噛まれた経験がある人には,「犬は危険」というメンタルモデルを作られているかもしれません.

一方で,幼い頃から犬を飼っていた人には,「犬はかわいい」というメンタルモデルがあるでしょう.

 

 

人はメンタルモデルをもとに行動する

人はなにか意思決定をするとき,メンタルモデルに照らし合わせて情報を処理します.

新しいアプリをダウンロードした.前にも類似アプリを使ったことがあったので,スムーズに操作できた.
新車を買ったら,ハザードランプのボタンの位置が前と異なっていて,押すのに時間がかかった.

メンタルモデルをもとに次の展開を予想し,予想通りの情報が入ってくると,すばやく処理できます.

逆に,メンタルモデルと矛盾があれば,処理に時間がかかってしまいます.

 

 

メンタルモデルの作り方

わかりやすい文章や説明には,メンタルモデルが必須
つねに「冒頭で要点をまとめる」
一度つくったメンタルモデルは崩さない

予想通りの展開が,理解を深める

メンタルモデルは,ビジネスの場でも応用されます.

よく使われるのが,文章の書いたり,他人に説明をする場面.

 

人は情報が入ってくると,メンタルモデルを作ります.

「この文章は,こういうことを書いてあるんだろう」「この人は,こういうことを言っているんだろう」

自分なりに消化して,次の情報入力に備えます.

 

メンタルモデル通りの情報はすばやく処理でき(=わかりやすいと感じる)

逆に矛盾があれば,処理に時間がかかってしまいます(=わかりにくいと感じる)

 

文章なり口頭なり人に説明する時は,内容・展開を予想させ(=メンタルモデルをつくる),その通りに展開することで,相手の理解を深められるのです.

 

 

総論▶各論の流れを徹底する

では,話の内容・展開を予想させるためにはどうすれば良いのか.

それが,話の始めに「目次,見出し」を示す方法です.

 

「結論から話すことが重要」な理由は,3つあります.」
「メンタルモデルとは何か,そしてその使い方について話します.」

冒頭でこのように話すと,

「今から,結論ファーストの良さを説明するんだな.」
「メンタルモデルの概説が始まるんだな.」

と,読み手(聞き手)にメンタルモデルが作られます.

 

そしてその通りに話が展開されると,情報を高速に処理することができて,理解がスムーズになります

話す内容を常に先出しし,一言にまとめる

つまり,総論▶各論の流れを徹底することが,わかりやすい説明には必須なのです.

 

 

一度作ったメンタルモデルを壊さない

メンタルモデルに矛盾した話が続くと,読み手(聞き手)は混乱します.

,自分の予測していた内容とのギャップに引っかかりを感じ,処理が遅れてしまうのです.

わかりやすい説明をするためには,一度作ったメンタルモデルを壊してはいけません.

もしどうしても,メンタルモデルと異なる話をしたい場合は,

「話が逸れるのですが,〜」「ちなみに,〜」と前置きを入れましょう.

 

またメンタルモデルを壊さないためには,事前準備が必要です.

アドリブで話したり,構成を準備せずに文章を書くのは至難の業.

「どのようにしてメンタルモデルを作り,その後どう展開するのか」

という話の骨格を準備して臨みましょう.

  

 

まとめ

以上,メンタルモデルの概念や使い方について説明しました.

「メンタルモデルをつくる力」=「わかりやすく説明する力」

これは医師にとっても,必須の能力です.

病状説明,コンサルテーション,論文執筆などなど.

わかりやすい説明を求められる場面は,山ほどあります.

メンタルモデルを意識するだけで,説明上手な医師になれます.

メンタルモデルとは,「ああなったら,こうなる」のイメージ
メンタルモデルを意識をすると,わかりやすい説明ができる
医師にも,“メンタルモデルをつくる力”が必須